ワキガの安い治療は身近だった|東京周辺のワキガ治療

「わきが臭を何とかしたい!」と、色んな対策をしてきたけど、どの方法もイマイチ効果を感じない‥。
でもお金を掛けたくないし、安いワキガ治療をしたい・・・。

 

そんな方も多いのではないでしょうか。

 

 

ですが、わきが対策は日々進化を遂げ、あなたが知らない安いワキガ治療や、様々な方法が日々生まれているのです。

 

この記事では、安いワキガ治療や、おすすめのワキガ治療法をご紹介します。

 

 

ワキガの安い治療は意外と身近でした

ワキガは周りの人にとっても迷惑なものですが、実は本人が1番深刻に悩んでいるのが事実です。

 

しかし、手術をするとなと、それなりに費用が掛かるのでなるべく安い方法で何とか治療出来ないかと考えるのが、ワキガを持っている人の共通の願いなのではないでしょうか。

 

出来るだけ安く治療する方法としては、まずは身の回りにあるものでどうにかするやり方です。

 

 

こまめにシャワ−を浴びて脇をつねに清潔にしておくことは言うまでもなく、洋服はなるべく風通しのよい綿の素材を選んでください。

 

それから、ミョウバンや重曹を用いたお風呂に入るというのも、臭いを軽減することに一役買ってくれます。

 

同時に食生活の見直しというのも、忘れてはいけません。肉食が多い人はどうしても体臭がきつくなります。

 

 

出来るだけ野菜を中心とした食生活をするように心掛けてください。

 

しかし、いくら安い治療をと言っても、これだけではなかなかワキガを解消することが出来ないというのが本当のところです。

 

そこで、こういった方法と共にワキガに効くと言われているクリ−ムを使用することを考えてみてはいかがでしょうか。

 

もちろん、クリ−ムを購入するに当たって多少の費用は掛かりますが、それでも手術をするよりは格段に安くて済みます。

 

 

クリ−ムはたくさん種類があり、市場に出回っていますが選ぶ際には事前に口コミ情報等に目を通して評判の良いものをチェックすることが重要です。

 

そして、試しに購入して効果を感じるようでしたら、定期購入をするなど少しでもお得に入手出来るように工夫してみてください。

 

 

ここまでの方法で、ワキガが気にならないくらいまで改善したのならば、安い治療が成功したと言っても良いでしょう。

 

改善しない場合でも、汗を抑える注射等の方法はまだあります。

 

 

いきなり手術することを考えなくても、先ずは、自分に出来る身近なことから手を付けて行くことが大切であるということを覚えておいてください。

 

普段の生活でできる、安いワキガ治療はこの3つ!

まずは日常生活の中で取り入れられるわきが対策の方法をご紹介します。

 

いずれも簡単なものばかりなので、今日からすぐに始めることができる手軽さがメリットになります。

 

お風呂でカラダを清潔にする

わきが対策の基本中の基本として、脇を衛生的に保つ必要があります。

 

わきが臭の原因となる脇汗や皮脂などをしっかり洗い流して清潔にしましょう。

 

またシャワーで流すだけでなく、湯船に浸かって行うスペシャルケアもおすすめです。

 

重曹風呂を使う方法

弱アルカリ性の重曹には、体臭などを中和消臭する作用があるので、わきがを始めとした体臭が気になる人に効果的。

 

お湯200リットルに対して、重曹を大さじ3杯入れるだけなのでとても簡単に行うことができます。

 

酢風呂を使う方法

酢に含まれるクエン酸は、疲労回復だけでなく殺菌効果もあるのでわきがの原因である雑菌の増殖や活動を抑えることができます。

 

お湯200リットルに対して、酢を200ミリリットルほど入れるだけなので気軽に行うことができます。

 

ミョウバン水スプレーを利用する

ミョウバンは根菜や芋類などのアク抜きや、ナスの漬物で色落ちを防止するために使われてきた添加物。抗菌・殺菌作用や消臭・制汗効果があるので、わきが対策にも優れた効果を期待できます。

 

但し、ミョウバンのままではわきが対策には使えないので、ミョウバン水にして使うようにしましょう。

 

ミョウバン水の作り方

水500ミリリットルに対し、焼きミョウバン16グラムを加え、冷蔵庫で3日ほど保管すれば完成です。

 

原液を10倍ほどに薄め、スプレータイプのボトルに入れて使用してくださいね。

 

食事内容を見直す

わきがをより強くする食べ物もあるので、食事内容にも注意が必要です。

 

特にアポクリン汗腺を刺激する以下の食べ物を控えることで、わきがのニオイを軽減することができます。

 

控えたほうが良い食べ物
肉類
乳製品
油分の多い食事

 

これらはアポクリン汗腺の働きを活発化させてしまい汗の量を増やしてしまうため、わきがを強くする可能性が高いです。しかし、全く摂取しないとなると健康面で悪影響を与えてしまうため適度に制限することが大切です。

 

反対にわきがを抑える働きをする食べ物を積極的に摂ることで、より高い効果を得ることができます。

 

わきが臭を抑える食べ物
梅干し、めかぶなどのアルカリ性食品
緑茶

 

肉などの酸性の食べ物を中和するために、アルカリ性の食事を取り入れることでわきがのニオイを抑えることができます。

 

特に梅干しは抗菌力に優れているので、血液を弱酸性に保ってくれます。

 

また緑茶には抗酸化作用がある、摂取がしやすい利点があるためおすすめです。

 

汗をかいたらすぐに着替える

汗をかいた衣服をそのまま着用することは避けましょう。

 

汗そのものを拭いたとしても、衣服についた汗は洗わない限り落ちません。

 

そのまま着用すると、汗で湿った衣服の中でも雑菌が繁殖し、嫌な臭いをさらに拡大してしまいます。

 

通気性のよい服装にする

通気性の悪い服装をしていると、汗をかいても湿度が外に逃げれずこもってしまい、雑菌や細菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

 

そうなるとわきがもより強く出てしまうので、通気性のよい素材の服装を心がけるようにしましょう。

 

通気性のよい素材

綿(コットン)


脇毛を処理する

 

常在している細菌が脇毛の中で繁殖し、活発に活動してわきがの臭いを強くする原因になってしまいます。

 

特に秋冬は露出が少ないこともあり、脇のムダ毛処理が甘くなる時期。

 

脇毛のせいで蒸れて細菌が繁殖する環境を絶つためにも、脇毛の処理は年中行うようにしましょう。

 

 

安いワキガ治療は手術も選択肢にあり

手軽さには欠けますが、医療機関などで診断・手術など、わきが対策は豊富にあります。

 

専門知識のある第三者に診てもらえる点で安心して行えるメリットや、確実に一定の効果を得ることのできるメリットがあります。

 

 

内服薬や注射による治療

内服薬や注射などで行うわきがの治療法は、汗の量をコントロールすることで臭いを予防する対策になります。

 

副作用を伴うものが多いので、医師からの指示や使用方法をよく守ることも大切です。

 

 

内服薬(臭化プロバンテリン)

抗コリン剤である臭化プロバンテリンは、汗を出す時に使われる伝達物質のアセチルコリンの分泌を抑える効果があります。

 

汗を出にくくする効果からわきが臭を予防することに長けています。

 

 

湿布(塩化アルミニウム液)

制汗収れん効果のある塩化アルミニウムを外用薬として湿布することで汗を抑えることができます。

 

こちらも汗を抑える効果でわきがを予防してくれます。

 

 

ボトックス注射

美容整形でよく使われるボトックス注射をわきがに使うこともあります。

 

注射することでアポクリン汗腺を麻痺させ、汗と臭いを抑える効果からわきがを予防してます。

 

 

手術による治療

わきが手術は何種類かありますが、基本的にはアポクリン汗腺を除去することでニオイの原因を取り去る手術が一般的です。

 

美容外科や形成外科、皮膚科などでもわきがの手術を行うことができます。

 

 

電気凝固法

脇の下に局所麻酔をした後、毛根へ絶縁針を刺し5秒ほど高周波を流すことで、アポクリン汗腺やエクリン腺などを熱破壊する方法です。

 

汗の量が減少することでわきがは軽減されますが、わきがの程度が重度の場合、完全に臭いをなくすことはできない可能性があります。

 

 

直視下手術法・剪除法

脇の下を3〜5cmほど切開し、皮膚を裏返してアポクリン汗腺を取り除きます。

 

わきがの原因であるアポクリン汗腺を、確実に除去することができます。

 

 

非直視下手術法・皮下組織吸引法

脇の下に1cmほどの穴を開けて、そこに細い管を通してアポクリン汗腺やエクリン腺などを吸い取る方法になります。

 

傷口が小さいため、目立ちにくいのがメリットですが、直視下手術法のように確実にアポクリン汗腺を除去するわけではないので、わきがの症状が残る可能性もあります。

 

 

超音波吸引治療法

脇の下に穴をあけて超音波を発生させながら、熱でアポクリン汗腺などを破壊し、吸引する方法です。

 

吸引法よりも効果は高くなりますが、火傷や皮膚壊死などのリスクも大きくなります。

 

 

皮下組織削除法

脇の下を1cmほど切開し、専用器具で皮下組織ごと削ってアポクリン汗腺やエクリン腺を除去します。

 

傷口は小さく効果も高いですが、手術後の回復には脇を1週間ほど固定する必要があるのがデメリットです。

 

安いワキガ手術のデメリットは?

安いワキガ手術だからデメリットがある、ということはありません。
ですが、手術ですので、どうしてもデメリットがあります。

 

一般にワキガ手術として知られているのは、「剪除法・皮弁法」と呼ばれる術式です。

 

これは、3〜5センチほど切り、皮膚を裏返しにして医師が直接目視して汗腺を取り除く方法です。
やはり目視するという点からアポクリン腺を完全に切除しやすいので、再発する可能性が低いというのが最大のメリットです。

 

ただ、医師の技術によってはとり切れないこともありますので、そこは医師の技術、経験を見極める必要はあります。

 

デメリットとしては比較的大きく切るので、傷跡が残りやすいことです。
女性にとって十分に検討が必要なデメリットでしょう。

 

唯一保険適用がきく手術でもあり、保険の場合は4万円前後で手術することが可能です。
保険ではない場合は30万円前後です。

 

手術後は数日から1週間ほどは完全固定しなければなりませんので、会社を休む、または仕事に行きながらの場合は理由も考えておいた方が無難でしょう。

 

しかし、完全固定されると明らかに不自然な姿勢になるので、
周囲から「肩どうしたの?」などの質問は受けることになります。

 

安いワキガ手術で確実にワキガが治せる?

わきが・多汗症手術には何種類かの方法があります。

 

 

その中で「再発のない確実なわきが手術」はにおいや汗の原因となる汗腺の除去がどれだけできるかにかかっています。

 

簡単な吸引法や超音波などでは傷跡が小さく回復も早くてよいのですが除去率が低く再発の心配があります。

 

 

また、一度わきが手術をした後の再手術というのは皮膚も固くなっており非常に難しいものです。

 

初めの手術でしっかりと汗腺を取り除くことが大切なのです。

 

剪除法など、ワキガの原因を根本から取り除く手術の場合、1度手術をすれば再発する心配はありません。

 

ただし、18歳前後の微妙なご年齢ですと、再手術の必要性なども生じてくる可能性もございますので、ワキガの状態や状況に応じてよく手術内容を理解する事が大切です。

 

そのワキガ手術は安い?|ワキガ手術の相場は?

東京・関東エリア周辺で安いワキガ手術を探す前に、一般なワキガ手術の相場を知っておきましょう。

 

以下が、某クリニックのワキガ手術の料金になります。

ミラドライ法

両ワキ1回コース

220,000円

両ワキ1回コース<保証付きプラン> 398,000円

 

シェービング法

両わき

153,090円

 

完全摘出法

両わき

153,090円

 

すそわきが(シェービング法)

すそわきが(シェービング法) 192,370円
すそわきが(根こそぎベイザーシェービング) 428,000円

 

これらは保険適用外のワキガ手術の価格になりますが、保険が適用されるワキガ手術では、各段にお安くなります。

 

剪除法(保険適用)

剪除法

42,000円

 

まとめると、

 

保険が適用されないワキガ手術の平均価格:150,000円〜300,000円
保険が適用されるワキガ手術の平均価格:30,000円〜50,000円

 

といったことろでしょう。

 

安いワキガ手術の体験談・口コミ|関東エリアのワキガ手術は安全?

実際にワキガ手術を受けたい!と思っても、実際のところどんな手術なのか?痛くないのか?などは気になりますよね。

 

そこで、実際にワキガ手術を受けた方の体験談を集めてみました。

 

ワキガ手術は痛いのか?

私は痛みを気にしないで手術に臨みました…。

 

かなり痛い手術でした。まず、局部麻酔を脇に何ヵ所も打つのですが、それが痛いです。

 

そのあとに切るのですが、局部麻酔が効いていないのか、切っている時もかなり痛かったです。

 

かなり痛いことを伝えると、追加で麻酔をしたのでそこからは痛みがなくなりました。

 

ただ、そのあとも麻酔を差してない部分に差し掛かると痛かったのでその都度伝えました。

 

かなり引っ張られている感じが伝わってきて、ガリガリと掻き出している感じも伝わってきてかなり怖かったです。

 

ワキガ手術の痛みに関しては、痛かった!という方もいれば、まったく痛くなかった!という方もいます。ここは個人差があるのでしょうね。

 

でも、麻酔の注射は痛いと感じる方が多いようです・・・。

 

ワキガ手術の費用

2018年の11月に手術をしてきました。
病院によって異なると思いますが、私が行った場所は大きな総合病院でした。

 

・手術費70,230円
・入院費16,375円
・通院費2,540円+α 

 

=合計 89,145円

 

ざっくりとした金額は以上の通りです。通院がまだ終わっていないのでもう少しかかるかもしれませんが、10万円は超えないというところです。
また個室を利用したこともあって値段が少し高めになっています。

 

ワキガ手術の費用に関しては、大まかにいうと5万円〜10万円だった、という方が多いようです。

 

ワキガ手術の入院日数

私の行った総合病院では、腋臭症の手術で1週間〜10日間は入院してほしいと言われました。

 

ですが、小さい子供がいることもあって、最短にしてほしいと伝えたところ「3日間」は最低でも入院してほしいと言われました。

 

入院3日間して、そのあとは通院を毎日(5日間)していました。

 

退院後も絶対に腕を動かさないこと&重いものを持たないこと、を言われました。

 

ワキガ手術後の入院期間は、一週間〜2週間以内だったという方が多いようです。

 

安いワキガ手術はコレだ!|関東エリアトップレベルの安さを誇る病院はココ!

東京周辺の関東エリアで最安値のワキガ手術を実施している病院は、「池袋サンシャイン美容外科」でしょう!

 

 

池袋サンシャイン美容外科では片脇2万円ほどで保険適用のワキガ手術を実施しているので、トップレベルの安さを実現しています。

 

池袋サンシャイン美容外科では、直視下反転剪除法でワキガ手術を行います。

 

この方法は、ワキのしわに沿って小切開し、皮膚をめくりアポクリン腺を直接目で見ながらハサミで取っていく方法です。

 

アポクリン腺を残さずに取れ、同時にエクリン腺も一部取れるため、高い治療効果が期待できます。

 

安全性も高く、アフターケアも万全ですので、関東エリアで安いワキガ手術をお探しの方は、「池袋サンシャイン美容外科」のホームページをご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

池袋サンシャイン美容外科の詳細をまとめてみました!

東京・関東エリア最安値と思われる、池袋サンシャイン美容外科の口コミや評判、手術費用などをまとめてみました。

 

池袋サンシャイン美容外科に少しでも興味を持たれた方は、是非ご覧になってみて下さい。
→関東エリアのワキガ手術で最安値?|池袋サンシャイン美容外科の口コミと評判

よく読まれている記事