ワキガ手術で脇毛は無くなる?|術後腋毛がどうなるか調べてみた

ワキガの手術をすると、腋毛は無くなるのでしょうか?

 

 

この記事では、術後に腋毛はどうなるのか調べてみました。

 

ワキガ手術の後は腋毛は薄くなる

わきが手術を受けた後の脇毛は薄くなるといわれています。

 

超音波でわきが手術をするとアポクリン汗腺を取り除くことになるのですが、その後脇毛が薄くなるといわれています。

 

わきがの人は、脇毛があることで細菌が発生しやすい状態になりますからできるだけ脇毛は処理しておいた方がいいので、わきが手術をして脇毛が薄くなれば一石二鳥ではないでしょうか。

 

 

女性の多くはわきが手術で脇毛が薄くなってもいいと思っている人も多いのですが、男性はあまり薄くなると困るという人もいますが、最近は男性でも毛を処理して清潔感を出したいと思っている人もいるのでいいかもしれませんね。

 

ではなぜ、わきが手術をすると脇毛が薄くなるのでしょうか?

 

超音波を使ってわきが手術をした場合、脇毛の毛根もいっしょに破壊されることになり、そのことから毛が生えてこない状況になるといわれています。

 

すべての毛根が破壊されるわけではないので完全に脇毛が生えてくることがないということではないのですが、

 

わきが手術を受ければ、だいたい4分の3の脇毛の毛根も破壊されて脇毛が薄くなるという報告があるということです。

 

ワキガの手術で傷跡が残ることもある

ワキガは脇を切開して行う手術がほとんどです。

 

剪除法などは特にそうで、傷跡が大きい分、あとに残る可能性も高くなります。

 

 

切開と縫合は医師の技術力に左右されるため、一概に言えないのも辛いところです。

 

病院や医師を選ぶ際は実績や口コミなどを確かめてから手術を受けるのがいいでしょう。

よく読まれている記事