多汗症の治療を東京で受けたい!おすすめのクリニックはどこ?

「夫が嫌がるし、多汗症をなんとかしたい・・・」

 

「東京で多汗症の治療ができるクリニックが知りたい・・・」

 

「多汗症が原因で同僚に避けられている気がする・・・」

 

あなたはこんな悩みはありませんか?

 

 

日本人の10人に1人が多汗症を抱えていると言われる現代、ご主人や会社の同僚に多汗症のせいで迷惑をかけていると思うと、うんざりしてしまいますよね。

 

だから、多汗症をなんとか治療したい!と思うのはとっても理解できます。

 

でも、治療費は高いし、どんなデメリットがあるか分からないから不安・・・ということはないですか?

 

そこで、当サイトでは東京周辺で多汗症の治療ができるクリニックを調査し、比較・検討してみました。

 

多汗症手術のデメリットなども併せて解説していますので、参考にして頂けると幸いです。

 

東京の多汗症治療の種類と料金は?

東京の多汗症治療ができるクリニックを比較する前に、まずは多汗症治療の種類とデメリット・料金などを把握しておきましょう。

 

代表的な多汗症手術は、以下の6つに分類することができます。
それぞれの特徴は以下の通りです。

 

 

ボツリヌス製剤注射

汗を抑えたいけれど、手術はしたくないという人が、多く受ける治療法です。
アポクリン腺のある箇所に注射後、4〜7日後から臭いが抑えられ、6〜10ヶ月ほど薬剤の働きが持続します。
治療費は自由診療になるため、高額です。

 

費用:約10万円

 

 

皮膚切除

わきの下の有毛部の皮膚を切り、皮膚を縮めるという原始的な術式です。

 

臭いの抑制は期待できますが、傷の引きつれが強くなる恐れがあります。
保険が適用されるため、自己負担が少なく抑えられます。

 

費用:約20万円〜30万円

 

剪除

日本で行われる術式の中でも、スタンダードな手術です。
わきの1〜2ヶ所を、4〜5cmほど切開します。

 

皮膚を裏返して、汗腺を直接確認しながら切除する術式です。汗腺の約80%を切除できます。
保険が適用されるため、こちらも自己負担額が抑えられます。

 

費用:約5万円〜20万円

 

 

クアドラカット法

先端にシェーバーが着いた吸引管を、脇の下に入れた小さな切れ目から皮下に挿入します。
先端のシェーバーでアポクリン腺を切除しながら吸引し、取り出す術式です。

 

傷跡が小さく済み、術後の経過が早いなど、剪除(せんじょ)法よりトラブルが少ない術式ですが、保険が適用されていないので、治療が高額になります。

 

費用:約30万円

 

超音波法

局所麻酔した脇の部分を1cmほど切開して、超音波メスを皮下に挿入します。
超音波を使い、?離(はくり)と汗腺除去を同時に行う術式です。

 

費用:約40万円

 

ミラドライ

メスを使わず、半永久的に治療の効き目が持続する治療法です。
電子レンジなどに用いられているマイクロウエーブを活用して、汗腺にダメージを与えます。

 

アポクリン腺とエクリン腺のどちらにも作用するため、臭いだけでなく、汗の量も抑制する働きも期待できます。
皮膚を切開しないので傷跡が残る心配もなく、治療後のダウンタイム(傷跡が元に戻るまで期間)もほぼないと言ってもいいでしょう。

 

多汗症をはじめ、体臭が気になるというお悩みはとても深刻で、精神的苦痛も伴います。
しかし、もし強度の多汗症であったとしても、症状に合った処置や手術をすれば治療はできます。
臭いが心配という人は一人で悩まず、専門医療機関を受診して相談しましょう。

 

費用:約20万円〜40万円

 

東京の多汗症治療のメリットとデメリットは?

ボツリヌス製剤注射

メリット
比較的簡単に多汗症治療ができる
多汗症治療としては低価格で治療を受けることができる

 

デメリット
完治するわけではないので、継続して治療を受ける必要がある
治療後にダルさを感じることがある

 

皮膚切除・剪除

メリット

保険が適用されることが多く、治療費が非常に安くなることが多い

 

デメリット

術後の傷跡がかなり目立つ
入院の固定期間が長く、日常生活に支障がでる可能性がある

 

クアドラカット法

メリット
傷跡がかなり小さくすむ
器具の移動だけで汗腺を除去できるため、剪除法よりも広範囲かつ身体的な負担が少ない
傷口が小さいため術後の経過が早い
剪除法と比べて、術後トラブルが少ない

 

デメリット
保険適用なしのため、治療費が高額になる

 

超音波法

メリット
傷跡が最小限に抑えられるため、身体への負担が最も軽い

 

デメリット
医師の腕に強く依存するため、クリニックによって結果に差がでる

 

ミラドライ

メリット
通常の多汗症治療よりも広範囲の汗腺に作用する
多汗症手術に比べ、身体への負担が少ない
基本的に多汗症が再発することはない

 

デメリット
一時的に赤味がでることがある
一時的であるが、皮膚の腫れなどが出ることがある

治療の種類と料金は?
東京の多汗症治療ができるクリニックを比較する前に、まずは多汗症治療の種類とデメリット・料金などを把握しておきましょう。

 

代表的な多汗症手術は、以下の6つに分類することができます。
それぞれの特徴は以下の通りです。

 

 

ボツリヌス製剤注射

汗を抑えたいけれど、手術はしたくないという人が、多く受ける治療法です。
アポクリン腺のある箇所に注射後、4〜7日後から臭いが抑えられ、6〜10ヶ月ほど薬剤の働きが持続します。
治療費は自由診療になるため、高額です。

 

費用:約10万円

 

 

皮膚切除

わきの下の有毛部の皮膚を切り、皮膚を縮めるという原始的な術式です。

 

臭いの抑制は期待できますが、傷の引きつれが強くなる恐れがあります。
保険が適用されるため、自己負担が少なく抑えられます。

 

費用:約20万円〜30万円

 

剪除

日本で行われる術式の中でも、スタンダードな手術です。
わきの1〜2ヶ所を、4〜5cmほど切開します。

 

皮膚を裏返して、汗腺を直接確認しながら切除する術式です。汗腺の約80%を切除できます。
保険が適用されるため、こちらも自己負担額が抑えられます。

 

費用:約5万円〜20万円

 

 

クアドラカット法

先端にシェーバーが着いた吸引管を、脇の下に入れた小さな切れ目から皮下に挿入します。
先端のシェーバーでアポクリン腺を切除しながら吸引し、取り出す術式です。

 

傷跡が小さく済み、術後の経過が早いなど、剪除(せんじょ)法よりトラブルが少ない術式ですが、保険が適用されていないので、治療が高額になります。

 

費用:約30万円

 

超音波法

局所麻酔した脇の部分を1cmほど切開して、超音波メスを皮下に挿入します。
超音波を使い、?離(はくり)と汗腺除去を同時に行う術式です。

 

費用:約40万円

 

ミラドライ

メスを使わず、半永久的に治療の効き目が持続する治療法です。
電子レンジなどに用いられているマイクロウエーブを活用して、汗腺にダメージを与えます。

 

アポクリン腺とエクリン腺のどちらにも作用するため、臭いだけでなく、汗の量も抑制する働きも期待できます。
皮膚を切開しないので傷跡が残る心配もなく、治療後のダウンタイム(傷跡が元に戻るまで期間)もほぼないと言ってもいいでしょう。

 

多汗症をはじめ、体臭が気になるというお悩みはとても深刻で、精神的苦痛も伴います。
しかし、もし強度の多汗症であったとしても、症状に合った処置や手術をすれば治療はできます。
臭いが心配という人は一人で悩まず、専門医療機関を受診して相談しましょう。

 

費用:約20万円〜40万円

 

各多汗症治療のメリットとデメリットは?

ボツリヌス製剤注射

メリット
比較的簡単に多汗症治療ができる
多汗症治療としては低価格で治療を受けることができる

 

デメリット
完治するわけではないので、継続して治療を受ける必要がある
治療後にダルさを感じることがある

 

皮膚切除・剪除

メリット

保険が適用されることが多く、治療費が非常に安くなることが多い

 

デメリット

術後の傷跡がかなり目立つ
入院の固定期間が長く、日常生活に支障がでる可能性がある

 

クアドラカット法

メリット
傷跡がかなり小さくすむ
器具の移動だけで汗腺を除去できるため、剪除法よりも広範囲かつ身体的な負担が少ない
傷口が小さいため術後の経過が早い
剪除法と比べて、術後トラブルが少ない

 

デメリット
保険適用なしのため、治療費が高額になる

 

超音波法

メリット
傷跡が最小限に抑えられるため、身体への負担が最も軽い

 

デメリット
医師の腕に強く依存するため、クリニックによって結果に差がでる

 

ミラドライ

メリット
通常の多汗症治療よりも広範囲の汗腺に作用する
多汗症手術に比べ、身体への負担が少ない
基本的に多汗症が再発することはない

 

デメリット
一時的に赤味がでることがある
一時的であるが、皮膚の腫れなどが出ることがある

 

東京で多汗症治療!おすすめクリニック3選

さて、多汗症治療のことがなんとなくイメージできてきましたか?

 

ここからは、私が調査して「これはイイ!」と感じた東京で多汗症治療をしているクリニックを3つ紹介します。

 

あなたも気に入るクリニックがあれば嬉しいです。

 

多汗症手術が保険適用で可能に!【池袋サンシャイン美容外科】

東京の美容外科として外せないのがこの池袋サンシャイン美容外科。

 

脇2万円ほどで保険適用のわきが治療を実施しているので、トップレベルの安さを実現しています。

 

また、直視下反転剪除法でわきが治療を行っており、アポクリン腺を残さずに取れ、同時にエクリン腺も一部取れるため、高い治療効果が期待できます。

 

安全性も高く、アフターケアも万全ですので、東京周辺でわきが手術を検討している方は、「池袋サンシャイン美容外科」のホームページをご覧になってみてはいかがでしょうか?

平均治療費 口コミでの評価 総合評価
5万円〜30万円

 

東京美容外科

銀座・赤坂・新宿を始め、全国に展開する大手美容クリニック。最近、銀座店に務める某スタッフのSNSが炎上し、話題になりました。(ちなみに、その際の投稿は削除済み、気になる方は東京美容外科で検索してみて下さい。)

 

お客様を第一に考えていないスタッフがいたことがあるクリニックとして、はあまり紹介したくないのですが、医師の技術面でみれば国内屈指の美容クリニックといっても差し支えなし。

 

特に、東京周辺の美容クリニックでミラドライを受けることができるのはココだけです。

 

新宿店なら変なスタッフもいないし、東京からも近いのでおすすめ。

 

堅実・確実に多汗症を治したいならココしかないと思います。

平均治療費 口コミでの評価 総合評価
10万円〜40万円

 

ガーデンクリニック

東京・東京エリアで評判の高い多汗症治療を受けることができるクリニックのひとつ。

 

特に、「ビューホット」という最先端の多汗症治療を行っているのはココだけです。

 

ただし、かなりお高い・・・!

 

新しいもの好きな方には溜まらないクリニックになるのでは?

平均治療費 口コミでの評価 総合評価
30万円〜50万円

よく読まれている記事